トップ | 精神障害(うつ病等)の方へのご案内

仙台宮城 うつ病や双極性障害などの精神の障害による障害年金の請求手続き一括代行

うつ病等の精神障害状態にある方・ご家族様

障害年金の申請で
こんなお困りごとはありませんか?

自分が障害年金をもらえるのかどうかわからない

障害年金の制度は複雑で必ず受給できるものではないと聞いたが、自分が障害年金をもらえる状態なのかわからない!

必要な書類がたくさんあって一人で準備することが大変または困難である

障害年金の請求は必要な書類が多く、障害を持たれた方がご自身で準備することは負担が大きく、ご家族も仕事をしていて時間が取れないために手続きが難しい!

年金事務所や役所で初診の証明が必要と言われたが記録が残っていなかった

障害年金は初診日の証明が必要と言われた。病院に問い合わせたが、記録が古いのでカルテが残っていないと言われ、証明することができない!

障害年金は、うつ病でも受給できます!

障害年金はうつ病や双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、発達障害などの精神のご病気、障害の方も対象で、受給できる可能性があります。
受給するためには一定の障害の重さであると認定される必要があります。
詳しくはお問い合わせください。

年金事務所であなたは障害年金をもらえない遡り請求ができないなどと言われた方も!

ご相談にいらっしゃる方の中に年金事務所で障害年金の相談をしたら、「初診日の記録が無いと障害年金はもらえない」「あなたは記録がないので遡って障害年金はもらえない」など言われたというお話を聞きます。
当センターではその様な方でも障害年金を受給できた事例があります!

障害年金がもらえる状態ではないので諦めよう、初診日の記録が無いので諦めよう、遡りは難しいため現状からで請求しようとお思いの方はぜひ一度当センターの無料相談へお越しください。

※ご相談の内容によりすべてのご希望が叶うわけではありませんので、その場合はご了承ください。

ご家族からのご相談も承っております

障害を持ったご家族がいらっしゃる、重度の障害のため自ら相談することはできないという場合は、ご家族等からのご相談を承っております。
まずはご家族に説明させていただき、ご本人も含めてご家族で相談いただいた上で業務をお引き受けします。

ご相談イメージ

特にこの様な方は障害年金を受給できる可能性が高いです。

下記に該当しない方も受給できる可能性がありますのでお問い合わせください。

  • 現在仕事ができない状態
  • 3級以上の精神障害者手帳を持っている
  • 初めて医師の診察を受けた日から1年6ヵ月経過している
    (もうすぐ1年6ヵ月経過する)
  • 家族の助けがないと生活できない
  • 医師やケースワーカーから受給を障害年金の受給をすすめられている

受給のポイント

うつ病や双極性障害等の精神の障害は、日常生活能力の判定(日常の行為でどういったことがどの程度できるのか(できないのか))、日常生活能力の程度(日常生活でどの程度援助が必要か)、日常生活能力や労働能力がどの程度かということを踏まえて総合的に判断されます。
精神の障害は医師の書く診断書の内容により障害の程度を認定するため、厚生労働省より「精神障害に係る等級ガイドライン」が示されています。
受給に関することやガイドラインについてはお気軽にお問い合わせの上、無料相談をご利用ください。

仙台障害年金サポートセンターは

着手金0円の完全成果報酬制

不支給の場合は報酬をいただきません

料金を比較しました

仙台障害年金サポートセンター 他社との料金比較表

※上記料金はあくまで目安です。年金額および報酬は初診日に加入していた年金制度、生計を同じくする配偶者、子の人数により受給額は異なります。
※➁の料金について年金額は毎年変動しますが、わかりやすくするため、すべて今年度の年金額で計算しています。
※上記表は報酬金額のみでの比較となります。サービス内容につきましてはご確認ください。

当事務所では成功報酬は①は内税で頂戴しております。
請求や支給決定のタイミングにより年金が1か月や2か月分が入金される場合がありますが、その時でも成功報酬は入金された金額を超えて頂戴することはございませんのでご安心ください。
(成功報酬が2か月分の場合、1か月分のみが入金された場合の料金は、分割して年金の入金の都度頂戴するか、翌月2か月分が入金されたときに頂戴いただくかいずれかをご選択いただきます。)

創業からの料金(報酬)に対するこだわり

当センターのサポートで障害年金の請求手続きを行った方で一番多いのは初回に2か月の年金が入金となる方です。
当センターではお客様にできるだけ金銭的なご負担をさせないように、初回に入金になった金額の範囲内で報酬を頂戴しております。
そのため、当センターでは上記表①のご請求の場合、消費税も内税とさせていただいておりますので、ほとんどの方が初回の入金で報酬のお支払いが完了し、2回目以降は年金を満額お受け取りいただけます。
(初回に年金の1か月分のみ入金となった場合のみ初回と2回目の2回に分けてもしくは2回目の年金の入金時
いずれかを選択いただいております。)

当センターでは、お客様になるべくご負担をかけたくない!そのこだわりを持って開設以来一度も料金を改定しておりません。

障害年金の業務を任せて大丈夫なの?とご心配の方
ご安心ください!

仙台障害年金サポートセンターが選ばれる6つの理由

  1. 着手金0円!完全成功報酬制!

    着手金0円!完全成功報酬制!

    着手金0円!完全成功報酬制!

    専門家に障害年金の請求を依頼するにあたり、「着手金がかかること」は大きな障害になります。
    ハイフィールド社会保険労務士法人ではできるだけ多くの皆様に安心してご依頼いただきたく、着手金は設けておりません。(着手金0円)
    また完全成果報酬制となりますので、年金の受給が決定しなければ料金は一切かかりません
    しかも、料金は原則初回に入金された年金額の範囲内でのみ頂戴しておりますので、2回目以降に入金された年金はすべて受け取ることができます
    ※審査請求・再審査請求の場合は別途着手金を頂戴しております。

  2. 夕方・土曜日も相談可能

    夕方・土曜日も相談可能

    夕方・土曜日も相談可能

    「仕事帰り(休みの日)に相談できて助かりました」という回答もよくいただきます。
    ハイフィールド社会保険労務士法人では、平日の日中は仕事で抜けられないというご本人やご家族のために、平日は夕方7時までご相談を受け付けております。
    また土曜日も午前9時から午後5時まで営業しております。
    日曜や祝日については事前にご相談のうえご予約いただいた場合に可能な限り対応させていただきます。まずはご相談ください。

  3. 仙台市内 地下鉄下車徒歩0分

    仙台市内 地下鉄下車徒歩0分

    仙台市内 地下鉄下車徒歩0分

    当センターは仙台市営地下鉄南北線北四番丁駅を出ますと目の前にあるビルの中にございます。(南1出口をご利用ください。)
    仙台市役所や宮城県庁、社労士会の運営する街角の年金相談センター仙台も近くにあります。
    お越しいただくお客様にも大変便利だとおっしゃっていただいております。

  4. 専用の面談室でプライバシーも安心

    専用の面談室でプライバシーも安心

    専用の面談室でプライバシーも安心

    当事務所では専用の面談室をご用意しております。ご相談に来られるお客様のプライバシーには細心の注意を払っており、仕切りのある面談室で他人に相談内容を知られることもなく安心です。(現在は新型コロナウイルスの感染防止対策として飛沫防止パネルも設置しております。)
    またご来所が難しいお客様にも大崎市や石巻市、白石市での出張無料相談会、ご自宅等への出張面談サービスも行っております
    こちらもご相談ください。

  5. スタッフ数が充実

    スタッフ数が充実

    スタッフ数が充実

    スタッフの数が多くて安心できました」という回答もよく頂戴します。
    仙台障害年金サポートセンターには複数のスタッフが所属しておりますので資格者一人だけ、または少人数の事務所のように、「何度かけても電話がつながらない」とヤキモキすることはありませんし、3名の社会保険労務士資格者と障害年金専門スタッフが在籍しておりますので「病気等で倒れた場合に業務が止まる」なんてことはありません。
    複数のスタッフがいるため、ある程度の量の業務を同じ期間にお受けすることができ、その業務遂行量が事務所の経験とノウハウをどんどん蓄積していきます。
    ある程度のスタッフ数がいるということは、事務所選びの大きなポイントになっているようです。

  6. 士業と連携したワンストップサービス

    当センターの所属する、ハイフィールドグループには、社会保険労務士だけでなく弁護士、司法書士、行政書士、税理士が所属しています
    これにより、社会保険労務士だけでは対応が難しい下記のようなご相談にも、すぐに専門家にお繋ぎすることでワンストップに対応することができます。

    • 交通事故対応(弁護士)
    • 離婚問題(弁護士)
    • 債務整理(弁護士、司法書士)
    • 破産(弁護士、司法書士)
    • 成年後見、任意後見(弁護士、司法書士)
    • 相続(行政書士、税理士)
    • 弁護士 宮本 洋一
      弁護士 宮本 洋一
    • 司法書士 高野 和明
      司法書士 高野 和明
    • 行政書士 方波見 泰造
      行政書士 方波見 泰造
    • 公認会計士・税理士 田中 康治
      公認会計士・税理士 田中 康治

多くの精神の障害をお持ちの方のお手伝いをさせていただき、
障害年金を受給していただいております

請求事例をご紹介

うつ病での障害年金

  • Rさん

    【うつ病での障害年金】
    事後重症請求により
    約198万円(遡及)を受給した例

    Rさん

    請求傷病

    うつ病

    請求方法

    事後重症請求

    決定内容

    障害厚生年金2級

    決定年金額

    1,985,000円

    病歴概要

    当初Rさんの奥様よりメールにてご相談をいただきました。
    年金事務所に相談しながらうつ病の夫の障害年金の手続きを進めていましたが、5人のお子さんがいて、しかも19歳になるお子さんは障害をお持ちで書類の作成等をご自身で行うことができないため当事務所に手続きを依頼したいとのことでした。
    また、障害認定日時点では通院していなかったため現在の状態(事後重症)での請求となりますが、ご連絡をいただいた時は月末近く、当月中に書類を提出しなければ受給出来ても1ヶ月分の年金が受給できなくなってしまいます。(事後重症請求は書類を提出した翌月からの支給になるため。)
    一部奥様ご自身で手配された書類もあったため、そちらをご持参いただき、急ぎ病歴就労状況等申立書等の書類の作成や年金機構との折衝を始めました。
    何とかご依頼いただいた月内に年金機構に書類を提出することができ、その後受給が決定しRさんの元に年金証書が届きました。
    ご自身の年金額に加え、配偶者と障害を持たれたお子さんを含む5人のお子さんの加算額約90万円の受給も認められました。

    当センターでのサポート内容

    • 障害年金の受給についての相談対応、方針のご提案
    • 診断書のチェック、病院へ記載内容についての確認
    • 病歴就労状況等申立書の作成
    • 書類の取りまとめ、日本年金機構へ提出
    • 審査中の問い合わせに関する対応
    • 障害があるお子さんの診断書の手配、提出
    • 加算額についてのご説明
  • Dさん

    【うつ病での障害年金】
    事後重症請求により
    約58万円(遡及)を受給した例

    Dさん

    請求傷病

    うつ病

    請求方法

    事後重症

    決定内容

    障害厚生年金3級

    決定年金額

    584,000円

    病歴概要

    Dさんは11年前に仕事の多忙から、外に出るのが億劫になり会社を休みがちになりました。
    病院を受診し投薬を続けていましたが、症状が改善しなかったため自分の判断で通院をやめていた時期もありましたが、その後ご結婚され県外に移り住み、慣れない土地での生活もあて調子の悪い状態が続いていました。帰郷し病院を受診したところすぐに入院となり、退院後も調子が悪いことから、障害年金を請求することにしました。障害年金を請求する際、その傷病に関わる初診日の証明が必要ですが、Dさんの場合初診から時間が経っていたことから、最初にかかった病院にカルテが残っていませんでした。それでもその当時の処方箋の領収書等をお持ちだったことから、その他にも初診日の証拠を集めて初診日を主張することにしました。こちらでお手伝いさせていただいた結果、初診日が認められて障害年金受給となりました。現在も治療を続けながら、ご家族の援助を受けてお子さんを育てていらっしゃいます。

    当センターでのサポート内容

    • 初診日の証明についての検討
      (初診の病院でカルテが残っていなかったことから、それ以外の記録から初診日について主張しました。)
    • 初診日に関する申立書の作成
    • 診断書のチェック
    • 病歴就労状況等申立書の作成
    • 年金機構への提出
  • Rさん

    【双極性感情障害での障害年金】
    認定日請求により
    約77万円(遡及)を受給した例

    Rさん

    請求傷病

    双極性感情障害

    請求方法

    認定日請求

    決定内容

    障害基礎年金2級

    決定年金額

    779.000円

    病歴概要

    Fさんは家庭の事情などから心理的負担が大きくなり、次第に倦怠感や不眠などの症状が現れました。通院などせずにつらい状態を我慢して過ごしておられましたが、娘さんの勧めもあり受診をすると双極性感情障害との診断を受けました。その後は主治医の協力もあり、受診後の1年6か月の時点で障害年金を請求され、無事に受給することができました。

    当センターでのサポート内容

    • 診断書のチェック
    • 病歴就労状況等申立書の作成
    • 年金機構への提出、その後の対応

相談無料!

仙台障害年金サポートセンター ご利用の流れ

電話応対

01.まずはお電話ください

まずはフリーダイヤルにお電話をください。お話を聞かせていただき、障害年金でのお悩み、障害年金を受給できるかどうかの簡易的な見込みについてをお電話で聞かされていただきます。
(お電話でのご相談が難しい方のために、メールやLINEでもご相談もお受けしております。)

電話応対

02.面談による障害年金の無料相談

当センターではお電話のみでのご相談や簡易診断では、ご説明できる内容や情報が限られてしまうとい考えております。そのため、可能な限り直接お会いして実際に資料を見ていただきながら、具体的なお話をさせていただいております。
直接事務所にお越しいただくか、出張無料相談会をご利用ください。
初回のご相談はお時間にかかわらず、すべて無料です。
※事務所へのご来所、出張無料相談会へのご参加がどうしても難しい場合は、ZOOMやお電話、ご自宅等へ出張面談(仙台市および隣接市町村に限ります。)等を行っております。

電話応対

03.ご契約

初回無料相談でお話を伺い、十分なご説明をさせていただいた上で業務をご依頼いただける場合にご契約をさせていただきます。
その場でのご契約でなくても、内容をお持ち帰りいただきご家族等でご検討の上、改めて契約のご連絡をいただくということで構いません。
なお、ご契約いただいても障害年金を受給できなかった場合は、一切料金はかかりません。
※審査請求や再審査請求については別途着手金をいただいております。

私たちがお手伝いさせていただきます!

特定社会保険労務士
上田信洋

ハイフィールド社会保険労務士法人の特定社会保険労務士 上田信洋です。
お客様にわかりやすい言葉で親切丁寧な対応をモットーとしています。

毎月多数のお問い合わせやご相談をさせていただきますが、その中で感じるのが、
ご自身が思っている症状と担当医師が思っている症状について認識の差が大きい方が多い様に感じます。

私の役目は、その差を少しでも埋めて、お客様に納得して障害年金の請求をしていただき、
納得して障害年金を受給していただくことだと思っています。
その様なお手伝いをさせていただければ幸いです。