トップ | 年金の請求事例 | 16ページ目

年金の請求事例

人工肛門置換手術で障害厚生年金3級、60歳になると更に年金が高額に!

カテゴリー: がん・血管の障害 人工関節・人工肛門

Mさんは、4年前の会社の健康診断の検便の検査で陽性となり精密検査を行った結果、直腸がんであることがわかりました。
その後すぐに直腸の切断手術を行い人工肛門を設置しました。

この場合、人工肛門を設置した日が障害認定日となりますので請求手続きを行い、4年前に遡って障害等級3級の認定を受けました。なお、この場合の初診日は健康診断を受けた日となりますので、健康診断を行った医療機関に問い合わせ、初診日の証明をしてもらいました。
4年前に遡ることで約500万円の障害年金を受けることができました。

また、Mさんは、来年61歳になります。障害等級3級の認定を受けたことで、老齢年金の障害者特例を受ける事ができるようになります。61歳になった時に、障害年金から老齢年金に切り替えることにより、障害等級2級相当の老齢年金をうけることができるようになりました。

年金事務所であなたには認定日での請求は無理と言われ!(うつ病で遡って請求、障害基礎年金2級)

カテゴリー: 精神の障害(うつ病等)

Tさん(女性)は、長男を出産した直後から育児ノイローゼになり、うつ病と診断され心療内科に通院するようになりました。その後も症状は改善されず更に悪化して精神病院への入退院を繰り返すようになりました。

障害年金の請求を考え、最初は年金事務所に相談に行ったそうですが障害認定日(初診日から1年半後)にはすでに障害状態に該当していたのにもかかわらず年金事務所の職員からは「あなたには認定日請求をすることは無理なので事後重症請求(現在の症状のみでの請求)のみで請求しなさい」と言われていましたが納得がいかず当事務所に来所されました。

ご本人とのヒヤリングの結果、障害認定日時点で診察を受けていた病院がわかり、事後重症請求に加えて障害認定日での請求ができることになりました。

また、医師に作成したもらった診断書がご本人と医師との間でのお話より症状が軽く書かれていたため、医師と相談して当初のお話通りに診断書の内容を変更していただけることになりました。Tさんは初診日当時国民年金に加入していましたので障害等級3級と認定されてしまうと障害年金を受けることができません。当初の診断書の内容は障害等級3級と認定されてしまう可能性があるものでした。

先日、Tさんから、障害認定日からの障害認定2級で支給が決定した年金証書が届いたとご連絡をいただきました。

Tさんは3人のお子さんがいらっしゃいますが、現在の症状では子育てができないためお子さんお一人以外とは現在別々に暮らしていらっしゃいます。別居されているお子様も、障害認定日以後同居されていた時期については書類を提出することで加算額の年金を受けられることになりました。

年金は請求日から5年間遡って支給されますのでお子様の加算額を加えて約600万円の年金が初回に入金されることになりました。